肥料分析

肥料取締法に基づく肥料や堆肥の分析を受託しています。
主な分析項目の例を以下に示します。

分析項目の例




1 窒素


1 砒素
2 りん酸 2 カドミウム      
3 加里 3 総水銀
4 4 ニッケル
5 亜鉛 5 総クロム
6 石灰 6
7 炭素窒素比           - -
8 水分 - -

 

植害試験

肥料の植害試験とは、肥料が作物の生育に与える影響を調べる試験です。植物の生育を阻害しないか、登録予定の肥料を使って実際に植物を育て確認します。
普通肥料の公定規格により「その他の制限事項」によって登録する際に調査が義務づけられている肥料があります。

 


普通肥料、特殊肥料とは

肥料の種類により 普通肥料は登録、特殊肥料は届出が必要です。
申請には、主成分や有害成分の分析が必要になります。

普通肥料と特殊肥料の違いはおおよそ次のとおりです。
・普通肥料とは、特殊肥料以外の肥料で公定規格の定められた肥料をいいます。
・特殊肥料とは、米ぬか、魚かす、などの単純な肥料や たい肥(堆肥)を特殊肥料と規定しています。


化成肥料

分析項目の例

1  水分 12 水溶性カリウム
2  pH 13 マグネシウム(全量)
3  全窒素 14 く溶性マグネシウム
4  アンモニア性窒素     15 水溶性マグネシウム    
5  硝酸性窒素 16 く溶性マンガン
6  全りん酸 17 水溶性マンガン
7  く溶性りん酸 18 く溶性ほう素
8  可溶性りん酸 19 水溶性ほう素
 水溶性りん酸  20 カルシウム(全量)
 10  カリウム(全量)  21 珪酸
 11  く溶性カリウム - -