化粧品原料

植物機能性原料

化粧品原料北海道三井化学の植物機能性素材は大きく2つに分けられます。

「PC-LABO」は、従来の植物エキスに比べて、高機能素材をより安全に、一定品質で供給することを目的として、植物細胞培養技術や抽出・精製技術を駆使して誕生した機能性成分高含有素材ブランドです。

北海道三井化学では、特に植物細胞培養技術分野において、他では真似できない豊富な実績とノウハウを保有しており、これら技術を用いたオリジナル素材を開発し、「PC-LABO」ブランドとして素材提供するほか、これらの技術に関係する製品の研究開発及び製造を受託しております。

もう1つは、北海道産の豊富な資源にこだわった機能性素材で、広大な大地、豊かな水で育てられた作物、樹木、海藻などを原料としています。

植物細胞培養技術

世の中の様々な製品で使用されている「植物エキス」。
その多くは、これまで天然資源から採取したものや栽培品を元に造られてきたため、原料の確保や安全性に困難な面が少なくありませんでした。
そんな問題を解消し、効率よく植物エキスを生成することが出来るのがこの植物細胞培養技術です。植物を細胞の状態のままで無限に増殖させることができ、植物が持つ植物性成分を効率良く造りだすことができる、高機能、安全、一定品質な技術で、遺伝子組換え技術とは全く異なります。

三井化学グループでは、1980年代にムラサキ培養細胞を用いてシコニンを生産する技術を開発し、リップスティックの成分として世界に先駆け実用化してきました。以来、現在に至るまで数多くの植物について細胞培養技術を用いた機能性原料の開発を手がけ、原植物よりも機能性成分の生産効率が高い培養生産系の確立に成功しています。

私たち北海道三井化学では植物細胞培養技術を利用し、化粧品・健康食品・医薬品などの原料となる植物エキスの開発・共同研究開発・研究/生産受託事業を行っています。

植物エキス製造のステップ
?@ 植物の一部を切り取り、無菌処理をした後、栄養源(ビタミンやミネラルなど)の入ったプレートで培養
?A 植物の形にならずに細胞の状態のまま増殖
?B 増殖した細胞を無菌の状態で液体培養し、更に細胞を増殖
?C 培養タンク内で細胞を増殖させ、機能性成分を生産
?D できあがった培養物から機能性エキスを抽出&精製

植物細胞培養技術を応用した原料の利点

利点1 機能性成分の効率的かつ安定的生産が可能!

同じ植物エキスを精製するにも、天然資源や栽培品からでは、「植物の生長に時間がかかる」「採取できる季節が限定される」「一度に精製できる機能性成分が少ない」「植物個体ごとに機能性成分の含有量にバラツキがある」などの問題点があるため、多量かつ安全に採取するのは非常に困難です。細胞を無限大に増殖させることができる植物細胞培養技術を用いれば、自然には微量にしか存在しない機能性成分の効率的な大量生産が可能です。

例えば抗がん剤タキソールの場合、患者1人の治療に必要な量は約2g。それを天然品から採取すると、イチイの樹皮30kg(高さ30〜40mの大木4本分)が必要となり、樹木の生長に数10年を要します。植物細胞培養ならタキソールの生産性は樹皮に比べて20,000倍以上の高効率となり、数100Lレベルの生産培養2週間で同量の取得が可能となります。
                      

          また、植物細胞は葉1枚、茎数cmからでも一度未分化で
増殖する細胞を取得できれば、その後は原料植物は不要 
で、未分化細胞を大量に増殖させることができます。そのた
め、絶滅危惧種に指定されているような希少な植物の細胞
が必要な場合も、植物全体を使って貴重な資源を損ねるこ
となく、機能性成分を効率よく生産することが可能です。


利点2 生産の管理ができる!

天然資源や栽培品の植物の場合、長雨・台風・干ばつなどの気象変動、更には病虫の被害等により「どの時期にどれだけの量を確保できるか」や「機能性成分の含有量確保」を正確に予測することはほぼ不可能です。無菌状態で徹底した環境制御の中、細胞を増殖させ、機能性成分を生産させる植物細胞培養技術なら、季節を選ばず生産管理が可能です。

利点3 体へのリスクがない!

天然資源や栽培品の植物には、生育中に与えられた農薬の残留や、土壌から吸収した有害な重金属などが混入している可能性があります。無菌で培養を行う植物細胞培養では、それらのリスクは一切ありません。人に感染して病気のもとになる動物由来物質の混入や、カビの付着等の可能性も全くありません。