沿革

1939年( 昭和14年 )  東洋高圧㈱北海道工場起工式
1946年( 昭和21年 ) アンモニア、硫安生産開始
1948年( 昭和23年 ) 日本最初の肥料用尿素生産開始
1960年( 昭和35年 ) ユーロイド(接着剤)生産開始
1964年( 昭和39年 ) 燐酸・燐安生産開始
1968年( 昭和43年 ) 東洋高圧工業株式会社、三井化学工業株式会社と合併し
三井東圧化学株式会社と改称
1969年( 昭和44年 ) アンモニア、尿素生産停止
1972年( 昭和47年 ) 株式会社北海道分析センター設立
1984年( 昭和59年 ) 肥料部門を三井東圧肥料株式会社に移管
1985年( 昭和60年 ) 燐酸・硫安生産停止
1991年( 平成3年 ) 植物活力剤製造事業開始
1997年( 平成9年 ) 三井東圧化学株式会社、三井石油化学株式会社と合併し
三井化学株式会社と改称
2000年( 平成12年 ) 三井化学株式会社より分離独立し、北海道三井化学株式
会社として発足
2003年( 平成15年 ) 飼料用・ペット用サプリメント生産開始(生産終了)
2005年( 平成17年 ) 植物細胞培養事業開始
2006年( 平成18年 ) 株式会社北海道分析センターと合併し、分析事業開始